7月8日、潮寿荘で避難訓練を行いました。

いつものように過ごされている、入居者の方々の横でミーティング。

 

11:00訓練開始!

非常ベルならぬ、目覚まし時計のベル音を代用して放送。

(本物の非常ベルを押すと消防がきてしまう為)

 

「火事だー」の第一声に、

テーブルに座っていた入居者和子さんは

「あら、火事なの? アタシを早く連れてってくれる?」と

戸惑う場面も。。。

 

居室にいる入居者を救出すべく、部屋に向かう職員

 

 

手際よく、次々と入居者の方々を避難場所へと運び出す。

でも、なんかおかしい。なにか違和感がある・・・。

 

その違和感に気づいたのは訓練も中盤過ぎてから、

その違和感は…

『無言』

 

常に「火事だー」と声を出し続け、誘導し訓練していましたが、

聞こえてたのは職員の息遣いだけ。

その違和感に、気づいた職員が声を出すよう指示

 

入居者40名(不参加者除く)を、無事ホールへ誘導し訓練終了

かかった時間は5分39秒

 

ただ、初めからホールにいた入居者も多く、

また、声も出ていなかった場面もあり、

課題の多い訓練になってしまいました。

 

おじさん・K