今年の餅つきは、潮寿荘ホールで。

潮寿荘、潮太郎合同で行いました

ねじり鉢巻きにはっぴを着て 気合いを入れて準備OK

 

潮寿荘一番手は、若手入居者69才のSさん。

 

退院して間もないKさんもつきます!

「こうやって捏ねてからつくんだ」と言うように立ち上がって かけ声と共に捏ね始めた Yさん

合いの手は いつもはカメラを手にしているはずの おじさんK なにやら怪しいこの手つき

台湾からのボランティア 3人も突きましたが お年寄りよりへっぴり腰ですね

[

「ヨイショ~!」

「ヨイショ~!」

この時 おじさんKの中指が~ 臼と杵の間に挟まって負傷 (後でお詫びのお菓子をもらってました)

それでも餅つきは続きます

「ヨイショ~!」

「ヨイショ~!」

二臼目を終えたあと、またもやアクシデント

三臼目の米が蒸し上がってきません。

では、皆で歌でも。。。

かなり歌いまくったそのあと、ようやくお米が蒸し上がってきたのですが。

 

またもやアクシデント_| ̄|○ガーン!!

蒸けた餅米を一端餅つき器に入れるた瞬間

お米がばばばっっ!!!と周囲に飛び散って

餅つき機のスイッチが入ったままだったのであります。゚(゚´Д`゚)゚。

「あ~っっ」みんなの悲鳴をBGMになんとか噴出をのがれたお米を臼に入れ

今度は職員が『本気』でつきます!

日頃のうっぷんを・・・・

 

日頃のうっぷんを・・・・

 

そして何とかお昼ご飯用の6㎏はつきあがりました。

お昼ご飯は、つきたてのお餅をちぎって

『あんこ』『きなこ』『ごま』をまぶし、お餅バイキングです

「新鮮」と言ってもらえ お餅も喜んでいます。

今年初めて潮寿荘で餅つきをした入居者さん

手元の餅より、お代わりの餅が気になる入居者さん

まだ足りないよ、と厳しい眼差しでお代わりを重ねる入居者さん

それぞれがそれぞれのスタイルで食べ

「いやぁ、喰った、喰った」

とお腹をなでながらホールを後にするみなさん。

もちろん、サ高住『てっちょ』や、小多機「潮太郎」の入居者さんも、職員も、お腹いっぱいお餅を食べ、午後はまゆだま飾りを行いました。

来年も おいしい年になりますように

Y.S