中華粥!

「子供の健康を願い、闘鶏をして勝った方をギュっと絞めた元気な鶏」で作る

という設定で

普通に売っている鶏ガラでダシを取り 鶏肉、ショウガ、ネギを入れて中華粥を作るのが潮寿荘の子供の日のお約束メニューです。

(闘鶏は平安時代、宮中行事として3月3日に行われていたそうです)

今日は、子供の日バイキング

メインは

鶏ガラだしが効いた『中華粥』

絶品粥です

粥の他に、中華コーンスープ、白身魚のフライ、ナムル、大学芋、サラダ、柏餅など、彩り豊かにならびます

 

 

いつものバイキングより、皆さん食べるスピードが速い

お粥を口に入れている所をパチリ

少し照れて、おどけてポーズを取ってくれました

 

笑いながらも沢山召し上がってくれたHさん

最後に「柏餅の葉っぱの香りも味わうんだ~」

 

職員食堂で、顔をしかめてお粥を見ている『介護士TI君』に

「そんなイヤそうな顔しなくたって……」

「だってお粥って、元気出なさそうじゃないですか。好きじゃ無いんですよ」

一口食べると、みるみる表情が変わり

「美味い!」

目がキラキラ♪♪

 

入居者にも職員にも大好評の

『子供の日バイキング』でした

M・K